top of page
戸賀敬城オフィシャルサイト トガナリ。「戸賀なりの毎日」
戸賀敬城オフィシャルサイト トガナリ。「戸賀なりの毎日」

戸賀敬城の「イマ」を垣間見れるサイト。「トガナリ。」

#3「ベッドで愛車ポルシェを想う。」

更新日:4月9日


監修に携わるハイエンド層向けラグジュアリーメディア『J PRIME』で愛車遍歴を詳らかにしている戸賀編集長。
連載も20台を越えて、盛り上がってきています!
一体これまで何台の車に乗ってきたんだろう?
そんなこと考えていたら、初期のブログに意味深なタイトルを発見しましたよ!


2008年12月26日(金)

タイトル「ベッドで愛車ポルシェを想う。」


こんばんは。
いまベッドです。
今夜で校了も終わった(?)ので、
明日金曜は半休もらって、
愛車の点検をしてもらおうかと悩んでます。
ポルシェ911カレラSのカギ
僕の愛車はポルシェ911カレラSです。
時代に反して(?)、MTです。


あまりにも名車、男のロマンの1ピースは確実に担っている「ポルシェ911」
20代の頃にも手を出していたクルマだけに、こだわりも思い入れも強いご様子。


ちなみに、キーホルダーはエルメスで買ったナイフ。
使ったことないけどね(笑)
最近、頭のいいAT「PDK」とやらがポルシェ から発表されまして、
ちょいと凹んでました。


ポルシェ・ドッペルクップルング略して「PDK」は、ポルシェが開発したトランスミッションで、マニュアルとオートマどちらのモードも備えている。
優等生なもんだから、当然発表後すぐに人気になったんです。


が、MTを貫いてやろう、と決心しました。
助手席に乗った部員や友人、
助手席に乗せた婦女子からも、
「え!マニュアル、運転できるの?」
なんて言われるんですが、それが嬉しくて(笑)


確かに時代の流れとともに“運転している感覚”から遠ざけられている気がしますね…。
ましてスポーツカーであれば、余計に操縦感を楽しめそうってなモンです。


すっごく速いとか、強烈なGとか、
排気量がデカイほうがエライとかじゃなくて、
男の子っぽくクルマを愛してるって姿が
いいんじゃないかって思うんです。
というか、デカイほうがエライみたいな、
そんな古いオヤジの自動車ヒエラルキーに、
あえて立ち向かいたい、なんて思ってるわけです。

デジタルな時代なだけに、
アナログが目立つって思うんです。
そう思うのは僕だけでしょうかね。
僕はただのクルマ好きですが、
ポルシェはこのカレラで6台目です。
社会人になってから、かれこれ40台は所有したかな。
が、いままでのカレラでこのカレラ、
997前期型とか専門的には言うのですが、
一番気に入ってます。


40台乗り継いできたと…
それは「飽きるのが早い」なのか「欲しくなるのがあり過ぎる」なのか(笑)。
でも、それだけ多くのクルマに乗って来たからこそ、ネームバリューに左右されずにクルマの良し悪しに気が付けるのだと思います!


でも、僕のは内装の黒がつまんない。
いまどきならレンガとかチョコレート色ですよね。
外装は白なんだけど……
ミラノでは小型車に限っては白は流行みたいだけど、
ここは東京だし、日本人だし、でソリッドな白を許して下さい。
でもね、本当に欲しかったのはガンメタです。
濃い目のシルバーね。
やっぱり明日、点検に行こう。
でも銀行寄ってから(笑)
Buona notte!


逆にいまなら黒内装でも「ウィズモードで…」ワクワクしてそう♪
外装と内装のカラーバランス…、一生解決しないだろうけど
眠れなくなる気持ちは、すごく分かります(笑)!

>>戸賀編集長 に業務連絡です
実は冒頭の写真、エルメスのナイフが気になっています(笑)。
キーケースにつけるチャームやキーリングについて、
どこかでフォーカスが当てられたら面白いかもしれません!

これにて校了とさせていただきます。



 


トガブロ再読委員会

トガナリ。編集局のスタッフと共に、戸賀編集長が15年以上もしたためている『トガブロ。』を読み返そう!という編集企画。10年前はどんなファッションがトレンドで、編集長はどんな時計をしていたの?など今だからこそ思うことがきっとあるはず…。

そんな大義を背負って、シンプルに“他人の日記を読みたい”とハラハラしちゃう連載です。これで、貴方も共犯ということで…悪しからず。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page